防水リフォームメニュー

ホーム防水リフォームメニュー

防水改修工事の必要性

防水改修工事の必要性

コンクリート等でつくられた水平な屋上面では、瓦などの屋根材ではなく、防水層が雨水の浸入を防ぎます。
この部分は、一年を通して天候の変化や昼夜の寒暖差など建物の中で最も過酷な環境にあるため、劣化を防ぐことが出来ません。特に雨漏りなどの被害が実際にはなくとも、漏水が始まってからの対応では思わぬ出費は避けられません。
そのため、予想される耐用年数に応じて定期的な修繕計画を立て、防水改修を繰り返し行う必要があります。

リフォームメニュー

ウレタン防水

ウレタン防水

歩行用から運動用まで様々な仕様目的に対応できる。
複雑な形状の屋根やベランダにも施工ができる。
弾性が良く改修にも新築にも良好。
耐候性が良い。
継ぎ目がないので、防水効果が高い。
価格が少し高め。
5年を目安にトップコートの塗り替えが必要。

FRP防水

FRP防水

狭い場所でも施工ができる。
軽量で強度が高い。
短工期で施工可能。
継ぎ目がないので、防水効果が高い。
広範囲に施工をすると高額になる。
素材の強度が高い分、伸縮は苦手なので、大きな動きに弱い。
下地が鉄の時、FRP防水ができない。

シート防水

シート防水

機械固定方法は、下地を選ばない。
工場でシートが生産されるため、品質が一定。
カラフルな仕上げに対応でき、軽歩行が可能
(シート厚2.0mm以上、又はトップコート使用)
単層仕様が多く、防水の信頼性はシート結合部の処理に依存する。薄手のシートでは耐衝撃性などがやや劣る。

PAGE TOP